« FILE-N 002 エルンスト×フィギュア×スケープ×パルス | トップページ | パルルをどんどん使おうプロジェクト »

2012年9月 4日 (火)

「FILE-N 003 イメージ/ネットワーク 歴史×地図×生態系」

現代芸術は、いわゆる「脱物質化」以後、単体のオブジェというよりもネットワークの一結節点としての在り方をますます前景化しているかに見えます。これについては、ウンベルト・エーコの「開かれた作品」からニコラ・ブリオーの「関係性の美学」まで、観客の参加という側面から多くのことが語られてきていますが、しかしネットワークとはかならずしも人間同士のコミュニケーション空間に限定されるものではないでしょう。作品それ自体が織り込まれているそのほかの数々のネットワーク(図像誌、象徴系、社会制度、さらには環境や生態系など)については、どのように理解すべきでしょうか。近年、この問いから提起されたルイ・マランやユベール・ダミッシュの「理論的対象」、あるいはエリー・デューリングの「プロトタイプ」といった概念を手がかりにしつつ、考えてみたいと思います。

ゲストプロフィール
岡本源太(おかもと・げんた)
1981年生まれ。京都造形芸術大学ほか非常勤講師。哲学、美術史、思想文化論。

2012年9月8日 19時30分より

入場無料 予約不要

|

« FILE-N 002 エルンスト×フィギュア×スケープ×パルス | トップページ | パルルをどんどん使おうプロジェクト »

イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「FILE-N 003 イメージ/ネットワーク 歴史×地図×生態系」:

« FILE-N 002 エルンスト×フィギュア×スケープ×パルス | トップページ | パルルをどんどん使おうプロジェクト »