« 9月の「ホッ♪」と茶屋 | トップページ | ソボブキ【西尾賢/伊藤啓太/松本健一】+西本さゆり  JaiBajrang »

2011年10月 7日 (金)

坂元健吾(b) &臼井康浩 (g) Solo & Duo

1113_parlwr

10/13(木) 
開場18:30 開演19:00
料金 2,000円

坂元 健吾 Sakamoto Kengo
http://starandskymusic.com

臼井康浩
http://www.usui-yasuhiro.com

ーーーーー

坂元健吾 プロフィール
Bassist,Composer 

神奈川県川崎市出身 沖縄県在住

両 親が奄美サンシン、8月踊り、大島紬など芸能、民芸などを行っており神奈川県に育ちながら、奄美大島文化環境の中、成長する。5歳の頃にエレクトーンを始 める。16歳よりエレクトリックベースを始める。当時はヘビィメタル、ハードロックを演奏し、20歳の頃よりイエスなどプログレッシブロックの演奏を行 う。その後、ファンク、ジャズ、オールディーズなど多種多様なバンドを経験し高円寺百景に加入。2作目より参加。アルバムデビューを果たす。

 2000年、 沖縄へ移住。ホッピー神山氏との出会いから、ソークワクチンのレコーディング、ベースサポートを行う。若手ミュージシャンのコンピレーション『ハッシェ! ソーガサイウラ琉球』の編集に携わるなと、沖縄ミュージシャンと交流を頻繁に行う。ダンサー伊藤虹、シャーラー、摩矢鈴、立岩潤三(per)、浅野光代 (写真家)と複合パフォーマンスグループ「チャンプラー」を結成。京都の寺、工場跡地などでパフォーマンス。グンデルサンシントリオを結成し、沖縄県立芸 術大学のバリガムラン部、ジャワガムラン部に通い、インドネシア音楽を研究。また来沖するホッピー神山、エミエレオノーラ、沢田穣治、灰野敬ニと共演を行 い音楽的アプローチの幅を広げる。

 2005年、 ベースのソロパフォーマンスを開始、サンフランシスコに渡り、初の海外ライブを現地のイベントに飛び込み出演、ソロライブを行う。参加者が瞑想に浸るな ど、深い精神空間を作り出し好評を得る。ヨセミテ国立公園にてキャンプ、深夜、山や川にて演奏。自然との対話から生まれる音楽に強烈な感動を覚える。その 後、神奈川県にてしばらく過ごし、ブラジル、アフリカンなどワールドミュージックへ傾倒、ネイティブなリズム、メロディとプログレッシブロック音楽の構築 性の融合を目指した作曲を開始し、高円寺百景にて『Rattims Friezz』を発表。You tubeを中心にし、世界のプログレッシブロックファンから高い評価を得る。 帰沖後、ライブスペース、プラネタリウム、美術館、ワークショップなど、様々な環境で演奏。講座として観衆に音楽が作られる楽しさを伝える活動を行う。

 2007年、高円寺百景にてニューヨーク、シカゴ、トロント、クベックにて演奏。

 2008年、北米最大のプログレッシブロックフェス『NEAR FEST』に出演。

 2009年、フランス、ポルトガル、スペイン、ドイツにて演奏。フランスにて行われた『Rock in opposion』ではリスナー評価1位を得る。音楽的基礎を固めるべく、ピアノを修得し、クラシック理論、ジャズ理論を学習。

 2010年、喜八を結成、坂元作曲による5曲入りミニアルバム『よろこび、末広がり』を発表。

 2011年、ソロアーティスト活動を開始。

http://sakamotokengo.com/
http://www.youtube.com/user/sakamotokengoyt

Taroko太魯閣
http://www.youtube.com/watch?v=26WHnF3Njmo

From the new world 遠き山に日は落ちて
http://www.youtube.com/watch?v=j7zL11LCuns

|

« 9月の「ホッ♪」と茶屋 | トップページ | ソボブキ【西尾賢/伊藤啓太/松本健一】+西本さゆり  JaiBajrang »

音楽」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

新見の雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂元健吾(b) &臼井康浩 (g) Solo & Duo:

« 9月の「ホッ♪」と茶屋 | トップページ | ソボブキ【西尾賢/伊藤啓太/松本健一】+西本さゆり  JaiBajrang »