« ライブ 空からの力 | トップページ | 今日は神楽、明日はマンガ »

2010年10月 1日 (金)

トークショー「アートって誰のもの?」

あいちトリエンナーレ関連のイヴェントのお知らせです。
名古屋の中心長者町にあるATカフェを会場にして、映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」をテーマとしてアートや建築や公共性など様々な角度からお話しを進めます。

Photo

「アートって誰のもの?」

日時:10月2日 18:00 -
    入場無料

場所:ATカフェ (会場はパルルではありません)
    名古屋市中区錦2-10-30 万勝S館
    http://atsc2010.com/access.htm

出演:
清水裕二(愛知淑徳大学)
能勢陽子(豊田市美術館)
平野勇治(名古屋シネマテーク)

内容:
近く公開される映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」は、2008年に再オープンを目指し、大規模な改築工事を始めたものの、今もって完成を見ない同美術館の、混乱の日々を描いたドキュメンタリーだ。
なぜ、改築は進まないのか?「市民のための美術館」を目指して、美術館、作品、建築、市民、政治などが複雑に絡見合う。特にアートや建築ではエゴが当然のようにぶつかり合い、政治も参入してくる。
そこにフツーの人の居場所はあるのか?
当日は、建築や美術館に関わるゲストをお呼びして、日本の状況などを交えて、お話をお聞きします。実際、どうなってるんでしょうか?
(映画は、お話と関わるところを、部分的に上映します。全編の上映は、ありません。)

問合せ:
あいちトリエンナーレ・サポーターズクラブ事務局
052-222-7210

|

« ライブ 空からの力 | トップページ | 今日は神楽、明日はマンガ »

イベント」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

新見の雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トークショー「アートって誰のもの?」:

« ライブ 空からの力 | トップページ | 今日は神楽、明日はマンガ »