« ナゴヤトバシ3 | トップページ | 6月16日(月)ランチ »

2009年6月12日 (金)

エフロミオとイチ  と Alek et Les Japonaises

Dscf5463

2009年7月14日(火曜)
開場19時 開演19時30分
予約2000円 当日2300円

出演
エフロミオとイチ
Alek et Les Japonaises

Alek_et_les_japonaises_1

 

ーーーーーーーー

Dscf550602

エフロミオとイチ
東京の “efuromio / エフロミオ” と、名古屋の “ICHI / イチ” とが合体したエンドレスダブユニット。2007年より活動を開始し、東京、名古屋のほか、横浜、浜松、岡崎、三重、福井、京都、大阪、岡山、沖縄など各地へ旅してライブを行っている。

efuromio / エフロミオ
フミノスケ(Vocal, Acoustic Guitar)のソロユニット。ロック、ジャズ、現代音楽など多種多様な音楽ジャンルを経由し、数々のバンドやセッションを経て、2007年より “efuromio / エフロミオ” としてソロ活動をスタート。その声は、時に弦楽器のように艶やかに甘く、時に流浪の旅芸人のように激しく奔放に唄う。現在までに “Tsuki No Wa” で3枚、 “棗(natsume)” で1枚のアルバムをリリースし、双方ともほぼ全ての楽曲の作詞と作曲を手掛けている。またゲスト・ヴォーカリストとして、AMEPHONE、RASA(Bayakaの別名義ユニット)、Calmなどのアルバムに参加。今後はアルバムリリースも控えている。
http://blog.so-net.ne.jp/nami-uchi-giwa/
http://www.myspace.com/efuromio

ICHI / イチ
幼少期 “できるかな” のノッポさんに影響されもの作りを始める。中二の夏MTVで見たセックスピストルズにショックを受け音楽活動も開始。以後人形制作、映像、楽器製作など多岐に渡る活動を継続、8トラックのオープンリールで自ら録音し、ジャケットデザインなどのアートワークも手掛けている。名古屋の奇跡ともいえるバンド「脳振頭」ではダブ担当。2005年にソロアルバム “MONO” をリリース。スティールパン、木琴、鉄琴、トランペット、ピアニカ、ヴィヴラフォン、風船、ラジカセ、リズムボックス、タイプライター、自作楽器など、自作の楽器スタンド上に並べられた数々の楽器や非楽器群を自在に操り、全国各地でひとり楽団ICHIのリトルワールドポップミュージックをライブ展開中。
http://www.couplabel.com/ichi.html
http://www.myspace.com/ichijapan

ーーーーーー

Alek_et_les_japonaises_3

Alek et Les Japonaises
ブラジル系ベルギー人アレックが、タイに住む弟への誕生日プレゼントに贈ったアルバム「アントン、指がくさい」をきっかけに、2007年ソロプロジェクトAlek Boff が生まれる
初ライブから参加するマイをむかえ、2008年Alek et Les Japonaises として活動を開始
コンクールMusique à la française 2008 において、スタジオレコーディング賞を受賞、2009年、初のミニアルバムCuillère(キュイエール)をリリース
エレクトロなビートにのせたブラジリアンギター、シュールでダダイストな世界
フランス語、日本語、ポルトガル語、オランダ語等でうたう、国境なきエレクトロピカルデュオ

http://www.myspace.com/alekboff

|

« ナゴヤトバシ3 | トップページ | 6月16日(月)ランチ »

音楽」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エフロミオとイチ  と Alek et Les Japonaises:

« ナゴヤトバシ3 | トップページ | 6月16日(月)ランチ »