« 3月2日(月)ランチ | トップページ | ライヴ コウちゃん »

2009年3月 2日 (月)

ライヴ 収穫祭/UKIYO日本ツアー

収穫祭/UKIYO日本ツアー
ゲスト/臼井康浩、渓

1

2009年3月23日(月曜) 
開場18時30分 開演19時30分

◆出演
UKIYO:giovanni di domenico(p)高岡大祐(tuba)
臼井康浩(g)渓(g)

入場料:2,500円

————————————————

2
Giovanni di Domenico (p,key)
イタリア出身ベルギー・ブリュッセル在住の鍵盤奏者。
精緻で力強いジャズピアニストであり、エレクトロニクスを駆使する即興演奏者であり、室内楽の作曲作品や演劇ダンス公演への楽曲提供など幅広く活動。2008年には映像作品の楽曲提供で初来日、ベルギー在住人種混成バンドcrappy minibandではドラマーとして日本各地でライブツアーを行う。
EUの首都ブリュッセルはヨーロッパの国境の垣根がなくなったことで様々な音楽家たちが自発的に集まり、有機的なムーブメントが起こり、一大音楽都市と変貌を遂げています。
その町を象徴するかのような多彩さを持つ音楽家ジョヴァンニの初めてのピアノツアーです。
http://www.myspace.com/giovannididomenico

—————————

Photo

高岡大祐 (tuba)
大阪在住旅のtuba吹き
低音金管楽器tubaを従来のあり方とまったく異なる方法で演奏する即興演奏家。
日本を中心に欧州などでも活動しベルギーの音楽家たちとの交流が多くジョヴァンニとは彼の地でUKIYOやcrappy miniband などで活動している。

—————————

Usui_3
臼井康浩

ギタリスト、作曲家、プロデューサー
1969年2月2日和歌山市生まれ琉球大学 法文学部社会学科心理学専攻卒業中学2年よりギター をはじめる。大学に入学とともにロックも始めE.Guitarを弾くようになり、次第にジャズにも興味を もつよう になり、ノンジャンルな活動をする。エフェクターを最小限にしか使わずにエレクトリック・ギターの特性を最大限に活かす ユニークな奏法で評価を得ている。自己のユニット sedgeの他、鈴木茂流(永久持続音)と の DUO、藤井郷子オーケストラ名古屋、渋さ知らズオーケストラ、新井陽子pfのリーダーバン ドこ とりやTrio U.S.A、多田葉子asと関島岳郎tubaとのユニットOKIDOKI、高木幹晴dsリーダーのHEXS、元 花電車のKeiとのユニット Flyline、泉邦宏バンド等に参 加。これまでに国内外 のミュージシャンとの共演多数。プロデュー スも務 める藤井郷子オーケストラ名古屋の発売したCD 3作品、エリオットシャープとのDuoの作品は国内のみな らず 海外でも高い評価を受けている。ジャズ専門誌All About Jazz でも度々取り上げられ、海外からのオ ファーも多い。

—————————

Profile_kei2
Kei(溪)
'97年まで大阪のバンド花電車にギタリストとして在籍、その後4枚のソロCDに加えフェルナンド・カブサッキらとの共演作「十牛図」や、西本さゆり(vo.)とのデュオEttでの3作をリリース。臼井康浩(gt.渋さ知らズ他)とのフリーインプロギターデュオflylineや変拍子プログレ/インプロバンドRYOCHESTRAのメンバーでもある。またHK(放送禁止)歌手アヲヤギツトミとして自作の春歌も弾き語る。Coup(クー)レーベルの中核として他アーティストの作品制作にも携わる。演奏スタイルは常に変化しているが、極力機械に頼らずにライブ演奏することはこの10年間常に心がけている。最新作は二枚組でそれぞれのディスクに一時間弱の即興演奏を丸ごと収録し、おそらく世界最長?のジャケットを付けた問題作Tamatsi Maxa Yuawi(タマツィ・マラ・ユアウィ)で、08年8月15日リリースされた。

http://www.couplabel.com/kei/

|

« 3月2日(月)ランチ | トップページ | ライヴ コウちゃん »

音楽」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライヴ 収穫祭/UKIYO日本ツアー:

« 3月2日(月)ランチ | トップページ | ライヴ コウちゃん »