« 4月21日(月)ランチメニュー | トップページ | サカエ経済新聞 »

2008年4月21日 (月)

港 大尋 ライブツアー

港 大尋 『声とギター』
CD リリース&記念ライブツアー

2008年5月9日(金)
開場19時 開演20時
2500円(1drink付き、メールにて要予約)

「ボサノヴァを基調としたアコースティックサウンド、そして豊穣なリズム。タンガタ・マヌ(鳥人)の歌声、新しい弾き語りのかたち。」

Photo_3

港 大尋 みなと おおひろ プロフィール
1969年東京生まれ。作曲/作詞家、ヴォーカル&ギター、ピアノ、
サックス、打楽器奏者。バンド「ソシエテ・コントル・レタ」を率
いて、詩人やダンサーとのコラボレーション、小中学校などでのワ
ークショップなど、幅広く活動する。好む音楽はクラシック・ブラ
ック・琉球・ブラジル・アフリカ・パンクロックなど何でもアリ。
最新作CDに「がやがや+港大尋」。他「風は海の深い溜息から洩れ
る(詩人・金時鐘とのコラボ)」「ありったけのダイナシ」「届く
ことのない12通の手紙」「ギョウザの夢」などがある。劇音楽の作
曲・演奏など多数。東京芸術大学や京都造形芸術大学で講師を務め
たり、傍らサディスティック・ミカ・バンドにゲスト参加なども。

こちらのサイトもご覧ください。少し音が聞けます。

新しいアルバムについて

Minato_cd_rgb
『声とギター』水牛レーベル 税抜き2500 円 OOZE-0088

★2004年頃から開始していた、港大尋のボサノヴァ+日本語による弾き語りプロジェクトが、ついにCDアルバムとして発売されることになりました。12曲中、10曲までがオリジナル、他、永六輔/中村八大の「遠くへ行きたい」をボサノバ風にアレンジするなど、カヴァーにも挑戦。

パーソネル 港大尋(ギター&ヴォーカル、ジャンベ、ソプラノサックス)、澤和幸(ギター)
ゲストミュージシャン:SHANTI(ヴォーカル)、TEER(ワイゼンボーン)

|

« 4月21日(月)ランチメニュー | トップページ | サカエ経済新聞 »

音楽」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 港 大尋 ライブツアー:

« 4月21日(月)ランチメニュー | トップページ | サカエ経済新聞 »