« 昨晩のライヴ | トップページ | 11月19日(月)ランチメニュー »

2007年11月18日 (日)

怒濤のイヴェント週間

そう、ここのところイヴェントづいているパルルです。
昨晩は今開催中の自転車アート展のオープニングがありました。

もしかして100人近い来場者ではないか。
Bボーイ系が多くてちょっと怖い(笑)

やはり自転車できてる人が多くてメッセンジャーがよく使う変速機の無い自転車が店の前にずらりと並ぶというかどれもスタンドがついてないので、重なり合って積み上げられた状態。
しかも店内に入りきれなくて、道路に人が溢れてる。

今までだとこの辺で僕はプッツンして(@小沢一郎)帰っちゃうのだが、なぜか惹かれるものがあって残ることにした。

車や通行人の邪魔にならないようにと外で見張り番をすることになったのだが、お客さんが大勢いて怖そう(くどい!)なのだけど実はみんなちゃんと自制心がある。たくさんいるのに意外と静か。展覧会のスタッフの呼びかけにもちゃんと従うし、中には仕切るのを手伝ってくれるお客さんもいる。うーん、面白い集団だなー。

店内の展示に多分アメリカで発行された自転車乗りについての冊子が置かれていた。このような自転車乗り文化はアメリカの西海岸で盛んなようです。その冊子に変速機無し自転車(つまり競輪に使うような車種)に乗り始めた若者のエッセイが載っていた。変速機が無いそして通常はブレーキも無い自転車に乗ることは、これまでの自転車の延長ではなく、まったく別の体験なのだ、と書かれていた。5フィート先を見るんじゃなく、1ブロック先を見て、通行人や車の動きを予測して、常に研ぎ澄まされた集中力が要求されるまったく別の体験なのだと。
そうか、これは都会が今までとは違って見えてきそうだ。面白い!

主催者のYoshi君に今度いろいろ聞いてみよう!

20071117


|

« 昨晩のライヴ | トップページ | 11月19日(月)ランチメニュー »

新見の雑記帳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤のイヴェント週間:

« 昨晩のライヴ | トップページ | 11月19日(月)ランチメニュー »