« 蓮沼執太が藤村龍至らと対談している | トップページ | 蓮沼執太のワークショップ、盛り上がりました! »

2014年3月23日 (日)

一昨年に続いて蓮沼フィルが名古屋にやってきます

この間に蓮沼執太はアサヒアートスクエアや神戸アートビレッジセンターでの個展も行ないますます活動の幅を広げてきました。

蓮沼執太のインタビューや彼について書かれた文章のなかには「集合知」「コミュニケーション」「関係性」という言葉がよく出てきます。一昨年の名古屋公演でもメンバー間の繋がりを至る所で感じました。プロセスがとても音楽に反映されていました。
いま僕が運営に携わっているパルルは「リーダーを置かないで100人で運営してみる」ことで「みんなのやりたいことを全部やる」場を作り出す実験をしています。そんなこともあって蓮沼執太が考えていることにとても興味をかき立てられます。

しかし早くも蓮沼執太は次のフェーズへ。最近は「集合知」から抜け出て「強い音楽」を目指しているそうです。
「集合」「多様」「経過」「関係」という緩やかな言葉がこの時代を象徴しているように見える時に「強い」という言葉を使う蓮沼執太。今回はどんな音を届けてくれるのでしょうか。

ぜひ皆さん4月13日蓮沼フィル名古屋公演にお越しください。
共演は小鳥美術館。そして急遽決定した木下美紗都と象さんズ。

また公演に先立って一緒に曲づくりをするワークショップを3月29日に行ないますので、ぜひご参加ください。

新見永治

ーーーーーーーー

蓮沼執太フィル ツアー2014「時が奏でる、そして僕らも奏でる」名古屋公演
Supported by THISIS(NOT)MAGAZINE & のわ

日時:
2014年4月13日(日)
開場17:00 開演17:30

会場:
デザインホール(名古屋矢場町ナディアパーク3階)
http://www.nipc.or.jp/designhall/

出演:
蓮沼執太フィル
小鳥美術館
木下美紗都と象さんズ

予約・前売り3,500円(別途1D 500円)
当日4,000円(別途1D 500円)

予約方法:
canolfan@mac.com まで件名を「蓮沼フィル」として
お名前、お電話番号、予約枚数をお知らせください。

詳しい情報載ったウェブページがあります。映像も見られます。
http://liverary-mag.com/music/7143.html

3月29日のワークショップはこちらに詳細があります。
http://hachi-hachi-8.cocolog-nifty.com/nowa/2014/03/time-plays---an.html

« 蓮沼執太が藤村龍至らと対談している | トップページ | 蓮沼執太のワークショップ、盛り上がりました! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一昨年に続いて蓮沼フィルが名古屋にやってきます:

« 蓮沼執太が藤村龍至らと対談している | トップページ | 蓮沼執太のワークショップ、盛り上がりました! »