« イルコモンズさんが | トップページ | 新しいサイト »

2006年6月28日 (水)

先週の北区探索

ご報告遅れました。
参加者は一柳君と僕。
自転車でグルーっと巡ってきました。

まずは集合地点の名鉄瀬戸線尼ケ坂駅より岡本太郎作の鐘がある久国寺へ。
いつも近くを通っているのだけど初めて中に入りました。

そこから少し北へ行くと、いよいよ路地の地域。
前にも写真載せましたが、こんなところです。

20060624




改めて路地がたくさん残っている地域だと思いました。
ところで僕が路地といっているのは、自動車が通れないくらいの幅で主に人や自転車が使っている道のことです。

しばらく見て回ったあとコメダで休憩。
そこで一柳君と話していて改めて確認したことがあります。もちろん京都みたいに軒を接してずらりと町屋が残っているというような光景は確かに綺麗です。でもこの北区の場所にはところどころに長屋が残っているくらいで、ずいぶん新しい建物に立て変わっています。しかし細い路地は残っています。そのちょっと懐かしいような濃密な何かを感じさせてくれるような空間が僕は好きなのだと。

その後東海高校のサタデー・プログラムを見に行きたかったので、急いで上飯田方面へ。
ちょうどダイエーと地下鉄平安通駅の間。
大通りを一筋入るとここにも路地がたくさんです。

最初の地域と違って、こちらは蔵のあるお屋敷もちらほら。
ちょっと離れているだけで、町の持ち味がずいぶん違うことを実感しました。

20060624001




雨かも知れないという予報にも関わらず、刺すような灼熱地獄の当日。
写真を撮ることをほとんど忘れてました。すみませぬ。

|

« イルコモンズさんが | トップページ | 新しいサイト »

コメント

先日はお疲れ様でした。
病み上がりの体にはこたえた日でした。
そんなんで、余りぱっとしたアイデアが出ずにスミマセンでした。(いつもか...(汗)。)
新見さんに案内された前半、コメダニ入るまでの界隈には、正直、僕には「グッ!」とくる建物はほとんど「ム?」でした。唯一一軒だけ大衆劇場近くの産婦人科の建物はココロ動きました。
ですが、路地の面白さには「グッ!」ときました。空間性が面白いです。新見さんとも話していたのですが、路地が生きている「まち」はいまどき貴重です。しかも、今回の場所は、都心の近く。
安心して歩ける路地が残る?増える!ことが、これから社会の「キー」の1つだと考える日でもありました。

投稿: イチヤナギ | 2006年6月28日 (水) 17時27分

そうそう。
自転車サドルのセッティングを直したらもう少し長距離も行けそうになりました。
尾骶骨が痛くて写真まで気が回りませんでした。
おわび!

投稿: イチヤナギ | 2006年6月28日 (水) 17時33分

一柳君、尾骶骨痛かったんですかー
しかも病み上がり?

全然気付きませんでした。
あの炎天下ではハードすぎましたね。

投稿: 新見 | 2006年6月30日 (金) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178167/10710368

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の北区探索:

« イルコモンズさんが | トップページ | 新しいサイト »